地元広川の
「まちのかわら屋さん」

迅速丁寧「かわら一枚」どんな小さな工事も一生懸命!!遠慮無くご用命下さい。

「雨漏り」には、様々な原因があります。

「雨漏り」多くの人が「屋根」を意識するのはこの時です。瓦のズレや割れ等で雨漏りはするのですが、雨漏りのすべてが屋根に原因するものとは限りません。経験豊富な瓦のプロが正しく診断させていただきます。

事例_1 テレビアンテナの配線を伝って・・・
●外から家の中に取り込まれているアンテナ配線のたわみが無く家の中に設置されていたため、その配線を雨水が伝い、天井にシミを作っていました。クーラーの室外機の配管でも同様なケースが有りました。
事例_2 2階のベランダから・・・
●2階のベランダの下が部屋になっていて、ベランダ部の防水が切れており、際のほうから雨水を引き込み、天井のシミを作っていました。
事例_3 外壁の継ぎ目から・・・
●外壁材(サイディング等)の継ぎ目のコーキング(継ぎ目の隙間を埋めるもの)に隙間があり、そこから雨水を引き込み、天井や壁にシミを作っていました。サッシと外壁の継ぎ目の隙間からも同様なケースが有りました。
事例_4 雨樋が適性に働いていなくて・・・
●屋根の軒先に架かる雨樋、その中に木の葉やほこり等が溜まり樋を詰まらせたことで、樋からあふれた雨水が壁にあたり、雨漏りをしていました。屋根の谷部でも木の葉やほこりが溜まり雨漏りをする例がありました。
事例_5 屋根の塗装を行って・・・
●セメント瓦の塗装を行って、今まで雨漏りのした事の無い所から雨漏りするケースがありました。それは瓦と瓦の重なり隙間にペンキが固まって堤防を作り、それが原因で雨水を引き込んだのです。瓦が飛ばないように付けてある接着剤でも同様のことが起こることがあります。
事例_6 下葺材の老朽化で・・・
●下葺材(アスファルトルーティング)などが長い年月の間で老朽化して、裂けて屋根の野地板が露出していました。強い雨風の時に瓦の裏に回った雨水が、野地板から天井裏へと入ってきたのです。
事例_7 雨漏りと思いきや実は『結露』・・・
●夏の冷房や冬の暖房で室内と外部に温度差が生じる場合、窓ガラスや壁などに水滴がつくことを『結露』といいます。その現象が室内と天井裏の間で起こることがあります。天井裏に空気口が無く、中の湿気が外の温度差で水滴になり、釘に付着して天井に落ちることがあります。この現象は結露です。
事例_8 屋根に生えている草花・・・
●屋根の棟部から草木が生えていることがあります。一見風情があって良さげですが、その草を通じて屋根瓦の裏に雨水が入り込む可能性があります。
事例_9 屋根に異状はないのに天井にシミ・・・
●天井にシミができているということで検査に行ったところ、屋根には異常がなく天井裏に上がってみたらビックリ!!天井裏の一部分がイタチの巣になっていて糞がびっしりありました。イタチのおしっこが天井裏にシミを作ったのです。
Copyright(c) 2015 Nodakawarakougyou